たくさんの情報を得よう|心理カウンセラーの資格を取る|傷ついた心を救う
医者

心理カウンセラーの資格を取る|傷ついた心を救う

たくさんの情報を得よう

看護師

基本的に評価は非公開

看護学校への入学試験に課される面接試験の評価は、基本的に非公開です。学科試験に対して加点される場合もありますし、そうでない場合もあります。また、面接の形態も看護学校によって異なる可能性もあります。面接試験について、一般的に想定するのは、面接官数人に対してひとりで受けることだと思うのですが、集団面接の場合もありますし、看護学校に入ったときに授業で行われる演習のような面接を課している場合があります。あるテーマを数人で話し合い、問題解決のプロセスから個人を評価するものです。看護学校の面接試験の対策をするのであれば、できるだけ在学生に聞くなど、情報を得ると有利です。

具体的な事例

看護学校の面接試験の具体的な事例をお話します。学校によって方法が異なることが十分考えられるので、ここでは、集団面接の事例をお話します。試験の主な目的は、やはり集団行動ができるか、協調性があるかを評価するものです。看護師は、ほとんど毎日、患者やその家族と話す機会があります。また、現在はチーム医療が重要視されるようになりましたので、協調性などの適正試験として課している場合が多いです。適正試験であるので、学科試験で高得点であっても、看護師にふさわしくないと認められる場合は、不合格とするなどと募集要項に書かれている場合があります。しかし、看護学校側として、特に国公立大学の場合、どれだけ客観的に公平に評価することができるのか大きな課題となっています。面接試験は、受験者にとって緊張を伴いますが、適正をみるものであって、普通のコミュニケーションがとることができれば、恐れることはないと考えます。面接を受ける前に、学校や予備校主催の面接訓練を受けると面接のイメージを掴めるので、より安心できるでしょう。