社会に必要な人材です|心理カウンセラーの資格を取る|傷ついた心を救う
医者

心理カウンセラーの資格を取る|傷ついた心を救う

社会に必要な人材です

メンズ

必須のルートと化しました

わたしたちの体には手足があるのが当たり前ですが、不慮の病気や事故でそれが難しい人も存在します。すべての人に当然の生活を提供するためにいるのが義肢装具士です。こういった障がいのある人たちの手足を作るのが義肢装具士の仕事です。義手や義足があるかどうかで生活の質がガラッと変わりますから、社会において絶対に必要な人材です。ちなみに、義肢装具士になるためには専門学校に行くのが基本路線です。数十年前までは職人のもとに弟子入りをして、そこで修業を積むという形で腕を磨いた義肢装具士も確かにいました。しかし、義肢装具士が国家資格に登録されたのを契機に専門学校の重要性がぐっと高まり、現在ではもはや必須のルートと化しました。

入学をする前に確認する

義肢装具士を養成するプログラムが用意された専門学校を卒業すれば、どこのスクールであっても国家試験を受ける許可はもらえます。ただ、根幹の部分のカリキュラムはどこも同じですが、枝葉に関しては微妙に形態が異なるので、入学をする前に確認をしておくと安心です。例えば、義肢装具士として活躍するためには国家試験をパスするのが求められますから、筆記の対策に力を入れている専門学校もあります。これに対して、技術の向上に重きを置くところも見られます。体の一部を作るわけですから医学的な知識が必要なのは当然で、さらにそこにプラスして道具の扱いや素材の特色などについて熟知するのも大切です。もちろん、両方とも重要ですが、自分の意向に近いとスクールライフは充実します。